ビジネスで活躍したいなら

ここでは、ビジネスでしっかり活躍したいという方向けに、企業で使える専門職の資格が取得できる通信講座を紹介します。

私が受講した通信講座会社「たのまな」の講座も紹介していますので、ぜひ講座選びの参考にしてみてくださいね。

書類作成のプロ!「行政書士」

行政書士って、なんとなく名前は知っているけれど、実際何をする仕事なの?と思っている方も多いかもしれませんね。

行政書士は、“官公署に提出する書類や、権利業務に関する書類、事実証明に関する書類など”を、他人からお金をもらって代理作成、および提出することが、主な仕事です。

国家資格の1つで、上記のような書類は、行政書士の資格を持った人しか扱うことが許されていない、いわば行政書士の専売特許です。

行政書士が扱うことのできる書類は、1万種類以上にも及ぶと言われています。行政書士はまさに、重要な書類を取り扱うプロフェッショナルと言えますね。

活躍できる場面も、企業などの営業の許認可、著作権、外国人の在留資格やVISAの申請、遺産相続、クーリングオフ制度の手続きなどなど、多岐にわたります。

業務の範囲が広いぶん、がんばれば自分の興味や今までの経験を活かした活躍の仕方ができるのも、行政書士の魅力かもしれません。

また、依頼主である企業や個人にとっての大事な書類を預かるので、責任も大きい仕事です。

~行政書士総合コースの基本データ~

gyousei_dl_02.jpg
  • 受講期間の目安
    10ヶ月
  • 受講費用の目安
    60,000円前後
  • こんな人が向いています
    責任感の強い人、人の役に立つのが好きな人、几帳面な人
  • 同系統の講座
    行政書士総合DVDコース

>>行政書士総合コースの詳細はこちら

企業の強い味方!「社会保険労務士」

社会保険労務士とは、その名の通り、労働に関することや、年金などの社会保険に関するエキスパート。

主な仕事は、企業などの人事や労働環境管理のコンサルティング、年金相談、労働社会保険の手続きや各種申請などの代行。

行政書士と少し業務内容が似ていますが、こちらは働く人のサポートに特化した資格と言えそうですね。

特に年金に関する仕事は、近年少子高齢化が進んでいる日本においては、今後もどんどんとニーズが高まってくる分野ではないでしょうか。

行政書士と同じく国家資格なので、勉強は簡単ではないかもしれませんが、そのぶんやりがいのある仕事だと思います。

~社労士総合コースの基本データ~

kyouzai_10821800_2.jpg
  • 受講期間の目安
    9ヶ月
  • 受講費用の目安
    190,000円前後
  • こんな人が向いています
    責任感の強い人、几帳面な人、労働問題に興味のある人
 
 

>>社労士総合コースの詳細はこちら

通信講座の評判検証サイト