趣味のネイルを職業に


もはや女性のおしゃれの常識にもなってきているネイル。ここではその専門職であるネイリストの通信講座について紹介しています。秀でた美的感覚と技術があれば、自分の趣味を職業にでき、自宅でのサロン開業も夢ではありません。

検定取得がサロン就職への条件!

ネイリストは爪のお手入れやデザインの専門家です。ネイリストには国家資格はありませんが、いくつかの民間団体が検定を行っており、サロンに就職するには検定にパスしていることが求められることがほとんどです。

最も有名な団体である日本ネイリスト協会(JNA)が実施している検定では、「JNAネイリスト技能検定」「JNAジェルネイル技能検定」があります。自分のネイルのお手入れのためにネイルの勉強をする人は、まずはJNAネイリスト技能検定3級を目指すとよいでしょう。

サロンで働くためには、2級以上を取得していることが望まれます。2級取得には、トップネイリストとしての技術や知識を身につけていることが必要となります。これらの検定を取得できれば、自分のネイル技術を証明でき、サロンへの就職もしやすくなります。

しっかりしたサポートの通信講座

JNAの技能検定は実技試験と筆記試験とからなります。

実技試験では、テーブルセッティングや消毒からネイルアートまで試験があり、筆記試験では、爪に関する生理医学的な問題も出題されますので、なかなか勉強は大変です。ですから、これら検定試験に合格するには、しっかりとしたサポートのある通信講座を受講することをオススメします。

「たのまな」の通信講座では、JNAのネイリスト技能検定2・3級とジェルネイル技能検定初級・上級の取得が目指せます。講義DVDでは、ネイルエキスポでグランドチャンピオンをとったJNAの常任本部認定講師が丁寧に指導してくれ、その講師が添削指導や質問対応してくれます。統一した指導で安心して講座が受けられます。

さらに、そのような人に指導してもらうことは、試験対策という意味以上に、自分のネイル技術の向上のためにプラスになることは間違いありません。たのまなでは、他にも色々なサポートが充実しています。

たとえば、通信だけでなく、全国のヒューマンアカデミーにて直接講師に合って講義を受けることができます。さらに、16回にも及ぶ豊富な添削指導を全て、認定講師が指導してくれます。

1人で続けられるか不安という方のために、ネットコミュニティが用意されていますから、みんなでワイワイ楽しみながら受講することもできます。しかも、たのまなでは、就職してネイリストとしてデビューするまでの間もサポートしてくれますので、しっかり講座を修了することができれば一人前のネイリストになれるんです。

~ネイリスト講座受講者の口コミ~

  • 実際に友人にしてあげたらとても喜ばれ、これ自分じゃできないよね、って言っていました。3Dができるようになれば最近流行りのセルフネイルとの差別化も出来ると思いますし、お客様に提供できるアートの幅がとっても広がると思っています。次はどんなサンプルチップを作ろうかなと考えるのも楽しくなりました。
  • 自分でコツコツ頑張ってきた成果を実際に先生に添削して頂けるというのは、嬉しくものすごく為になります!通信だと自分ペースで進められるという利点もある分、間違いに気づかず自己流になってしまっていたり、疑問が残っていたりということになりやすいので、プロに実際にアドバイスをいただけるのは、大変貴重な機会であり、有意義だと感じています。

~ネイリストの基本データ~

  • ネイリスト検定コース(2・3級)の教材受講期間の目安
    検定コース(2・3級)6カ月
  • 受講費用の目安
    8万8千円前後
  • 資格取得後のお給料目安
    アルバイト・パート...900円~1,200円。
    正社員17万円~25万円。

    ※地域や経験により幅があります。歩合制もあり。
  • ネイリストに向いている人
    美的センスに優れている、手先が器用、細かい作業が好きな人。お客様の要望や好みを的確に察知し、コミュニケーションスキルが高い人が向いています。
  • こんな人が働いています
    優れた感性やセンスさえあれば、年齢や学歴は無関係だそうです。接客も重要なポイントとなりますから、20代後半~30代後半の大人の女性のニーズも高いようです。

>>ネイリスト検定コースの詳細はこちら

通信講座の評判検証サイト