結婚・出産後に役立つスキル

通信講座を受講したみんなの口コミ評判を調査してみました

ここでは、結婚しても、出産してもこの資格さえ持っていれば、就・転職に有利な講座を紹介していきます。
資格を取得したいけど、どれにしようと迷っている方は、私が受講したたのまなの通信講座を例にまとめていますので。ぜひ参考にしてくださいね。

根強い人気!「医療事務」

女性に人気があり、長年働ける医療事務は求人も多くみられます。医療事務は、病院や医院などの医療施設で事務をするお仕事です。ただし、一般事務とは違い「診療報酬請求業務(レセプト業務)」という専門的な事務業務です。

病院では、毎月10日に前月1カ月分の診療内容をまとめます。患者さん一人分を一枚の診療報酬明細書(レセプト)に記入して各関係機関へ提出します。レセプトの書式は全国で統一されていて、患者さんの氏名、生年月日、性別、保険証の内容、病名、1カ月分の診療内容、合計点数を記載します。

病院の収入の大半は、このレセプトに書かれた診療点数で決まるので、記載に不備や間違いがあると大打撃なんてことも…。責任のある仕事だといえます。

~医療事務の基本データ~

  • 医療事務講座の教材受講期間の目安
    6カ月
  • 受講費用の目安
    4万7千円前後
  • 資格取得後のお給料目安
    パート…800円~1,200円前後
    正社員…14万~20万円前後
    ※地域や経験により幅があります
  • 医療事務に向いている人
    患者さんと接する機会があるので、人当たりが良くて笑顔に自信のある人。また、絶対に締め切りを守らなければならないので、責任感の強い人。
  • こんな人が働いています
    子育てがひと段落した女性や、パートを望む主婦も多く働いています。
    ちなみに、レセプト作成は毎月月末を締日として、翌日1日から作業をはじめて、10日必着で各関係機関に提出します。
    そのため、月末~月初めの集中的な業務となり、医療事務の募集を見ると1カ月に10日程度出社の場合がありますが、受付を兼ねている募集だとフルタイムの場合もあります。

>>医療事務の詳細はこちら

子供好きには憧れの「保育士」

女性人気の高い保育士の資格。2003年には国家資格に認定されており、結婚・出産後に資格を取得して働いているママも多くいらっしゃいます。子育てを経験していることが、経験者として信頼を得ることができる数少ない職業ではないでしょうか。

他人の子供を預かるということは、とても大きな責任が伴います。時には保護者からきつくいわれてしまうこともあるようです。それでも、子供の成長を保育士として見守ることができるのは、とてもやりがいのある仕事です。

都市部などでは保育士不足の地域も多いようですから、比較的就職もしやすいでしょう。試験では音楽や絵画、読み聞かせなどの実技能力も必要とされます。

~保育士の基本データ~

  • 保育士講座の教材受講期間の目安
    6カ月
  • 受講費用の目安
    4万6千円前後
  • 資格取得後のお給料目安
    パート…時給900~1,300円前後。資格を持っていると優遇される園が多いようです。
    正社員…16~22万円前後。
    ※地域や経験により幅があります。
  • 保育士に向いている人
    子供が好きな人、世話好きな人、気が長く忍耐強い人、細かい気くばりができる人、雑用も厭わない人
  • こんな人が働いています
    年齢層は20~50代まで幅広く、男性の保育士も増加傾向にあります。パートであれば早番・遅番のシフト勤務も可能なので、自分の子育てが一段落ついてから働いているママも多くいらっしゃいます。

>>保育士の詳細はこちら

通信講座の評判検証サイト